アルミカーポート新設工事

これは、以前にお世話になりましたY様邸の敷地内の様子です。こちらのお宅ではアルミカーポートの新築と土間コンクリート打設をさせていただきました。

完成写真は撮れなかったのですが、雰囲気がわかればと思い2枚の写真をあげさせていただきます。上の写真はカーポートを建てる日の工事前の様子です。まだ、敷地内は砂利の状態で砂埃も舞い上がる状況になっています。アルミカーポートの工事は1日あれば屋根まで組みあがっていくことが可能です。柱は地中の中に埋め込みコンクリートで柱の下の部分を固めていきます。2~3日ほど倒れ止めをつけてカーポートを安定させた後に、土間コンクリート工事が始まります。外でのコンクリート工事でとても気を付けなければいけないことは天候の問題です。雨が降っている時にコンクリートを打設すると仕上がりがとても悪いものになりますので、天候の日の悪い日は避けて工事をしていきます。下の写真はコンクリートを打ち終えた後の様子です。雨の降らない日を選定して工事を行いました。コンクリートを打設した初日は硬化するまでの間に左官屋さんが使っている金ゴテという道具で何回もコンクリートを均していきます。この工程を施すことでコンクリートの中に含まれている砂利が下に沈んでいき、硬化した後のコンクリートの仕上がりがきれいになります。車が乗り入りすることができるのはコンクリートを打ち終えてから2週間ほど後になります。

 

 

 

ページ上部へ戻る